すみれの徒然なるままに

 すみれ みかです。

 つれづれを書かせていただいております。

 お付き合いのほど

 宜しくお願いします。

2012.04.30 ********

 

生きるのが辛い人は

人のために何かをすると

毎日が楽になる。

 

そして

 

本音で生きると

自分が楽になる。

                   すし哲 絶品シャーベット

味のある一言に触れた。感謝。        得盛っ!! →

 

すみれ

2012.04.17 ********

 

新聞のコラムから

 

大坂の船場で伝えられる格言

「雨が降れば傘をさせ」

つまりこれは

「うろうろせずにやるべきことをやれ」

ということだそう

 

常日頃は忙しさにとりまぎれて、とかく基本を忘れがちだが、

このような機会にこそ基本に返って、自分の仕事を見直してみること

 

なんだか心に沁みたので書きました

 

すみれ

2012.04.15 ********

 

以前の仕事仲間と一献の機会を得た

 

苦労を共にした仲間が時を経て

会おうと言ってくれたのが凄く嬉しかった

 

当時の話しはもちろん お互いの今を語り合い

楽しい時間を過ごした

 

メールは便利なツールだけど 会って話すのはやはり素敵

心が通じ合える

 

写真はおみやげのフラワージェリー

食べるのがもったいない(笑)

 

すみれ

2012.04.11 ********

 

なぜか海外ドラマにはまっている。

韓流ではないのよ(笑)

 

「名探偵モンク」ご存知でしょうか。

 

潔癖症で強迫神経症、高所恐怖症など

38もの恐怖症と闘いながら、いえ、仲良くしながら

難事件もぽんぽん解決していく元刑事。

今の仕事は犯罪コンサルタントらしい。

 

彼のお世話をするアシスタント兼看護師や

かかりつけの精神分析医、元上司の警部などが

いい味を出していて、フォローも見事で

これが本当に面白い。

 

モンクの奥さんは不審な事故死を遂げていて

その悲しみからモンクの神経症は酷くなった

ということらしい

 

シーズン1を見終えたところだから謎は謎のまま

これからまた「イベント」「ユーリカ」など

他のドラマをはさみつつモンクを見守っていこうと思う

 

みなさんは、ふとしたきっかけで何かにハマった経験おありでしょうか??

 

すみれ

 

2012.04.08 ********

 

すいぶんとご無沙汰してしまいました。

 

また徒然を書かせていただきたいと思います。

 

更新は三日に一度程度を考えています。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

********

 

“今日を境に季節は別れから出会いに移る”

 

4月1日朝日新聞「天声人語」の書きだしです。

 

みなさんはどんなすばらしい出会いがありましたか?  すみれ

 

2011.10.22 *******

 

今日は眼科の定期検診。

コンタクトレンズが目に合っているかチェックしてもらう日。

 

見え方のチェックは3段階で「手元、パソコン、遠く」だ

つまり

手元=読書

パソコン=仕事

遠く=運転 、ということになる

 

すべてバランスがとれるところで妥協することが毎回難しい

 

今回検査をしてくれたのは、

マスクで顔の大半を覆っているお兄さん

 

眼科だけに目がとっても綺麗(笑)

人あたりもソフトな好青年だ

 

そして何より私が感動したのはその話し方

 

手元がどのくらい見えるかという検査、いわゆる老眼の、ということだが

そのお兄さんは、「老眼」という言葉のあたりを話すとき巧みに声量を落とす

 

その配慮にプロ意識と優しさを感じ、とても気分がよかった

私もそんなふうにできているかな~ 是非とも見習うこととしたい

 

すみれ

2011.10.17 *******

 

映画「一命」を観た。久々のサムライもの。秀作。

 

世の流れで、貧しい武士と、普通の武士がいた

その不条理さを、絵にかいたような家族愛とともに

哀しく美しく描かれていた

 

大切な者のためにプライドを捨てる

ただ守りたいだけ、ただ生きていただけ

 

こんな世の中が、この同じ地球(いや日本)の

たった400年前だという

 

時空を超えた思いが伝わってくる

いろいろな思いが私の胸に去来する

 

(これ以上書くとネタバレしそう!書いてもいいならリクエストくださ~い(笑)

                                 すみれ

 

2011.10.14 ******

 

東野圭吾「麒麟の翼」読了。

 

刑事 加賀恭一郎シリーズは好きですね~

足を使った粘りの捜査、という泥臭さが良い(笑)

 

中学生の部活動の仲間意識、ねたみ

親子の無条件の愛情、など

わかりやすいテーマだけど、これは

普遍的なものだと思う

 

東野圭吾は読みやすいという点で

秋の夜長にはおすすめかも   すみれ

2011.10.08 *******

 

今日は娘の18歳の誕生日!

おめでとう!

 

私にとっても大変だった出産をがんばった日

だから私にも、おめでとう!(笑

 

生クリームとイチゴがたっぷりで

それでいて甘くない6号サイズのケーキ

 

切らずに、家族でつついた(笑)

おいしかった~♪      すみれ

 

 

 

 

2011.10.02 *******

 

今日、愛犬ビビと散歩をしたら

なんと

コスモスと朝顔が一緒に咲いていました

 

なんだか変ですね

 

今の世の中と同じで何でもアリ、なのかな

 

すみれ

今日のつれづれ

2011.10.1 *******

 

今日から10月

 

下期のはじまり

・・・いかにも会社員の言い方だ~やだ~(笑)

 

本格的な秋のはじまり、とでもいえば詩的な感じかな

 

とにかく今日は、吹く風が本当に気持ちがいい~

 

その風に乗って、庭の金木犀が

いい香りを漂わせてくれています

咲いてくれてありがと~

 

先ほど「神様のカルテ」1,2を読了

じわ~~~~っと、暖かい涙が流れてきました

 

小説の世界に浸れるというのは幸せだな

 

震災後、つい最近まで、小説が読めなかった私なのに

 

少しづつもとの私を取り戻している

 

そんな気がする

 

すみれ

 

 

2011.9.29 ******

 

どうしても済ませなければならない用事のため

休暇をもらった

休んでる場合じゃないと思いつつも

忙中閑あり、と割り切った

 

フルタイムで仕事をする私にとって

平日の休暇はやることが山積みだ

だらだらなんてしていられない

 

今日の「私のやること」の中には

実家の母の顔を見に行くことも入っている

 

今日の休暇の理由などを話しながら

元気そうな母にほっとしていると

 

全ての用事は何時に終わるの?

 

と聞いてきた

 

何か用事なら頼まれてもいいよと思いながら

 

う~んと5時くらいかなぁ、と私

 

もう夕方だね、でも、その時間からでも

ゆっくり自分の体を休めなさいね

 

ときた

 

うん、ありがと。

 

幾つになっても母と言うものは

わが子の身体を心配してくれるものなんだな

 

ありがたいものです

 

すみれ

2011.09.25 ******

 

記憶が完全に消えてしまわないうちに書いておかねば!

と思いたちまして、書くことにいたします

 

友人数人と温泉宿に行きました

かなり山の高いところに位置する温泉宿です

 

ひと風呂浴びた後でしたでしょうか

みんなと浴衣に丹前でお散歩をしています

 

急に、かなり深い谷底が見おろせる

あぜ道にさしかかりました

明らかに怖い、通れない、という感じの道です

 

でもなんと友人たちは、

さささっと渡ってしまったのです

何の迷いもなく、

おしゃべりも途切れることないままに!

 

その道は、まるで平均台みたいな幅しかなくて

ものすごく高いのにもかかわらず、です

 

次に渡るのが私の番というときに

ふと脇を見たら、

なんと下に降りる階段がありました

 

なぁんだ、やはり迂回路があるんじゃないの!

あ~あ、驚いた、と思いながらも

 

その階段がいくつにも折れ曲がり、

かなり下っているのです

これはかなりの迂回路だわ

 

え~ん、みんな、ちょっとまってよ~

と、言ったかどうか憶えていない

 

でもとにかく、友人たちは皆

この”平均台もどき”を立ち止りもせずに

歩いていったのは事実

 

どうする?

私は迂回路を行くの?

かなりの回り道になっちゃうよ

もうみんな行っちゃったし・・・。

 

う~ん、どうする!?

 

・・・というところで、目が覚めました

今朝方みた夢のお話でした(苦笑)

 

すみれ

 

2011.09.20 ******

 

震災から半年が過ぎた今

やってきた台風15号

 

自然の猛威は、過酷にも、またこの東北の地に

爪痕を残した

 

震災からやっとの思いで一歩をふみだしたところだった

そんな従兄の生活にも台風は牙を剥いた

 

ただ、やるしかない・・・と、

黙々と土砂をかきだす姿に私はまたしても

人間の無力さを思い知った

 

すみれ

 

 

 

 

2011.09.14 ******

 

会えば挨拶をかわすご近所のおばちゃん

以前ころんでしまい、それから

杖をついて歩いている

 

私が何気なくお加減を訪ねると

 

最近またころんでしまい、膝を骨折

もう痛くて辛くて・・・

 

くやしいです

とってもくやしいです

 

と力を込めて何度も言っていた

 

くやしいという言葉に

たくさんの思いがこめられていた

 

すみれ

 

2011.09.12 ******

 

帰宅すると娘が

 

「おだんご買ってきたよ~」

と出迎えてくれた

 

そっか、今日は十五夜だったんだ!

 

「忘れてると思ったよ(苦笑)」

 

季節を感じる行事はささやかに行ってきた私だったのに

 

仕事に頭が占領されている自分と

 

娘の成長を感じた瞬間だった

 

すみれ

2011.09.11 ********

 

あの日から半年

 

そして9.11から10年になる。

 

この日、私は、美しい景色を眺めていた。

 

すみれ

2011.08.20 ********

 

お盆を過ぎての、遅い夏休み

 

解放感に満ちたこの感覚!

さぁ、計画どおりに、あれもして、これもして、と

心は躍る!

 

だけど・・・ 眠い。

 

ゴロゴロするとすぐに眠れる

 

「やはり、疲れがたまっているのかなぁ」

 

すると、一言。

 

「”疲れ”も解放したんだね」

 

なるほど~!

 

ごろごろ、ぐたぐたも、

大切で 必要な一日 なんだよね

 

すみれ

 

2011.08.14 ********

 

代替医療の権威 ギリシャのヴィソルーカスの言葉

人間は体と心と命でできている

 

体の健康は

苦痛からの解放(freedom from pain)

 

心の健康は

情念からの解放(freedom from passion)

 

命の健康は

利己主義からの解放(freedom from egoism)

 

なるほど・・・。

 

でもこの話には続きがあって

これをきいた英文学者 加島祥造さんは

 

自分ならfromではなくinだな

とおっしゃったそうな

 

苦痛から解放されるのではなく

苦痛の中で解放される

 

苦しみや悲しみと共存して生きること

これが大切なんだな

 

すみれ

 

2011.08.07 *******

 

七ヶ浜の海を見た

 

夏らしい空と

 

きらきらと光る海

 

悲しいほどきれい

 

すみれ

 

2011.08.01 ********

 

「マーラー 君に捧げるアダージョ」を観た

 

震災後2本目の映画(笑)

映画好きの私にしては超スローペース

震災を経て変わったことの一つがこれだな

 

さて、マーラー

なかなかの見ごたえだった

 

起こったことは史実

どう起こったかは創作

 

マーラーはフロイトとのやりとりの中で

自分に気づいていく

 

この関わり方は創作だろうけれど

フロイトのクライアントだったのは史実

 

そう考えるとなんだか不思議~

 

天才マーラーを支える妻アルマ

彼女もまたある意味天才の犠牲だったのだろう

 

音楽の歴史を知ることができて 映画の面白さも堪能できる

これから映画を観るコンセプト、決まった!

 

すみれ

 

 

2011.07.23 ********

 

この日は私の誕生日。わ~い!わ~い!

 

毎年、誕生日はとても嬉しい

たとえ幾つになっても変わらないだろう

 

そう思える自分はなかなか良いと思う

大切に 有り難く 歳を重ねる

 

今年も無事に誕生日を迎えられました

 

私を支えてくださった皆様へ

心からありがとう

 

すみれ

2011.07.18 *******

 

震災で亡くなった叔母の葬儀に行ってきた

 

病を得ても 何度も危機を乗り越えたゴッドマザーが

一瞬の津波で逝った

 

葬儀の後 父のいとこたちが震災当日の津波の惨状を

淡々と話してくれた

 

 

間一髪だった

気が狂いそうだった

思い出すと体が震える

今でも繰り返し夢を見る

 

そんな言葉を静かに繰り返す

私はただ聴くことしかできなかった

 

この町の変わり果てた風景と

彼らの言葉

 

私はしっかりと胸に刻み 今日をそして明日を生きよう

 

すみれ

2011.07.15 ********

 

母の誕生日

 

百合の花束とケーキで

ささやかにお祝いした

 

ろうそくに火をつけて

母が吹き消す前に 扇風機に消されたりして

節電の夏を実感して笑った

 

記念写真を撮ると必ず

自分の写りをチェックする母

デジカメは便利だ

 

あらまぁ、おいしいねぇ~!と

何度も言いながら 目で楽しんで

ゆっくり味わうように食べる母

 

昔のままの母と

歳をとった母

母のありのままを暖かく見つめる

 

私を産んでくれて本当にありがとう

どうか長生きしてください

 

・・・と、こころで言った(汗)

 

すみれ

2011.07.11 **********

 

ラヴェルの「ボレロ」

 

私の大好きな曲が

今朝ラジオから流れていた

 

淡々とした出だしから

ラストの盛り上がりまで

 

様々な楽器が

パートを譲り合うようにしてひとつのメロディを奏でていく

 

まるで一歩ずつ

大地を踏みしめているみたい

 

人生だな、この曲は・・・。

 

目を閉じて聴いていると

疲れが癒えていく

 

疲れていたことにも気づく

 

音楽は素晴らしい

音楽に感謝

 

すみれ

2011.07.03 *********

 

今日、JR通勤定期券を更新した

前回購入したのは1月

半年が過ぎたことになる

 

加えて今回、東日本大震災の影響で

JRが不通だった38日間分を精算し返金してくれた

 

38日間だったのかぁ・・・。

 

当時、歩道には自転車通勤者が増え

リュックを背負い歩く姿も多く見られた

 

みんな様々な通勤をしていたっけ・・・

もちろん私も多くの友人知人にお世話になった

 

今回、JRに精算してもらうことで

ひとつの区切りとなったが

 

多くの方々から受けた優しさは

決して忘れてはいけない

 

そして

まだまだ辛く大変な状況におかれている方々を

もちろん忘れてはいけない

 

すみれ

2011.06.26 ********

 

ここよろ1周年を記念して

「ここよろ氣楽講座まつり」の開催決定!

 

2か月に1度の開催をめやすに

ゆるやかに開催してきた講座でした

 

震災を経て

しばし立ち止り

気づいたら、1年が過ぎていました

 

今こそ、この東北を癒す場が、

安心してくつろげる場所が

必要なのかもしれません

 

内容は決まり次第お知らせします

 

何かが動きだします

その風にのる私たちがいます

 

すみれ

 

 

2011.06.23 **********

 

友人からメールが届いた

 

私と知り合えたことが奇跡だ、と。

 

思いがけないひとことに

 

心が暖かくなる

 

ありがとうございます

 

すみれ

2011.06.21 ********

 

私は人前で話すのが大の苦手

 

理由は

声が上ずり、震え、言葉さえも途切れ途切れになるから

 

心は落ち着いて

話したいこともしっかりと思い描いているのに

 

口から言葉になって外に出るときに

まるで周波数のずれたラジオのようになってしまう

 

そんな自分の声を耳で聞き

話しながら くすっ と笑ってしまう

 

笑ってもどうにもならないのに

意識とは裏腹に笑いがこぼれる

 

これが エッジにいること とわかったのは

プロセスワークと出会ったから

 

人がエッジの上にいる時は

慈悲の心で見守りましょう

 

この言葉に救われていた私

 

 

そして、今日

 

某セミナーの講師としてデビュー戦

 

声の震えも気にならず

落ち着いていた

 

そして 50分間、話しきった

その達成感と充実感

ぅ~ん たまらない

 

私は エッジを超えた! ・・・かな(笑)

 

今日という日にありがとう

 

すみれ

 

 

 

2011.06.19 *******

 

今日はゆったりした一日

 

予定が何もない日曜日は大好き☆

 

何も予定がないからといって

何もしないわけではない

 

ゆったりと思いつくままのことをしてみる

 

まず、軽い朝食の後、

コーヒーを飲みながらDVDを観る

そして犬と遊ぶ

 

新聞を丹念に読む

また犬と遊ぶ

 

好きなラジオを聴きながらお裁縫

娘のサルエルと私のサブリナの修繕

なかなかの出来栄え(自己満足)

で、犬と遊ぶ

 

次は庭の除草

キリが無いので1時間限定

 

ここでシャワー

あ~気持ちいー(笑)

やっぱり犬と遊ぶ

 

娘と食料品の買い出し

帰宅し遅い昼食を軽く

 

浅漬けを作り、ミートソースを煮込み

犬のハンバーグを作る

 

作りながらキッチンで

仕事の原案を練りシュミレーション(自己満足)

キッチンは仕事もはかどる不思議な空間

 

娘とストレッチ系のダンス?!

軽く汗ばむ、うん、よしよし

 

夫がテニスから帰宅し

三人でスポーツショップへ買い物

 

帰宅し、サッカーTV観戦しながら夕食

そして今PC

 

流れのままの一日

 

書いてみると盛りだくさんな一日

 

あたりまえの日常に感謝

ありがとうございました

 

すみれ

 

2011.06.17 ********

 

震災後初めて映画を観た(笑

 

「ショパン 愛と哀しみの旋律」

 

ショパンの激動の生涯を

 

数々の名曲と

美しい風景とともに描いた作品

 

ジョルジュサンドの献身的な愛と

二人の子供たちの嫉妬と葛藤

 

ポーランドからパリへ

ショパンを送りだした家族の苦悩

天才を育て、守る姿に共感した

 

史実に基づいた映画はすばらしい

力をもらった

 

すみれ

2011.06.12 *********

 

昨日、山形へ娘とでかけた

 

飯盛範親 指揮

山形交響楽団 With 清塚信也(Piano) <山形テルサ>

 

誠実な山響さんの音に軽やかな清塚くんのpiano!

すばらしい!のひとことに尽きます

 

モーツァルト:ピアノ協奏曲第26番ニ長調k.537「戴冠式」 

 

pianoが即興だなんて…やはり彼は天才ですね

彼がモーツァルトに見えました~(笑)

 

・・・天才だけれども

プロのピアニストとして

日頃の精神の鍛え方もすばらしく、

また観客へのサービス精神にあふれている清塚くん

これからの音楽界をリードするのは彼のような柔軟な人がいい

 

音楽はすばらしい

 

音楽は希望だな

 

終演後は、ご一緒した私の大切な友人、その「美しき三姉妹」と

夕食を同席させていただいた

お話もお食事もとても楽しくて・・・

またお目にかかれる日を楽しみに帰途についた

 

今日は震災から3カ月目

激動の日々を振り返りながら

まだ余震の不安が自分の中にあることも感じた

 

無事帰宅できたことを感謝して

大切な一日を終えた

今日も一日ありがとう

 

すみれ

2011.06.10 ********** もしくはすでに 06.11 **********

 

祝 村上春樹さん カタルーニャ国際賞受章

 

スピーチの全文を拝読・・・。

 

いつもながら彼の文章(これはスピーチ)は

私の胸に

いくつかのワードがひっかかって、そして、染みる

 

無常

 

あきらめの世界観

 

通り過ぎ、消え失せていくことに、安心を見出す

 

簡単には修復できないものごと、倫理、規範

 

我々はだれしもが被害者であり加害者である

 

効率

 

便宜

 

現実

 

論理のすり替え

 

今日は疲れていたはずの私だけど、彼のスピーチを読んで

目が冴えてしまった

 

すみれ

2011.06.09 **********

 

「生き方を変えるダイエット」

 

よく読む雑誌の特集記事だ

 

ダイエットねぇ・・・と思いながらも

パラパラめくる指の動きがゆっくりになる私(笑)

 

雑な20回より、丁寧な5回

 

何やら心惹かれる見出し

 

雑な動きを20回するよりも

丁寧な動きを5回する方が美しい体に近づける

 

例えば何か物を置くときも、投げるようにするのではなく

そっと置いてみる

 

運動効果が上がるうえ、所作もきれいになって

一石二鳥

 

・・・なるほどね

 

何事も心をこめて丁寧に

 

そんなことに気づいた瞬間でした~

 

すみれ

2011.06.08 **********

 

今日はお世話になった職場の先輩の四十九日・・・。

 

だから今夜は先輩とゆかりのある仲間たちと

集まって献杯をした

 

職場でかつて「上司」だった人だけれど

「○○さん」と呼びたくなる人だった

 

忙しい仕事の中でも、いつも笑顔で

ジョークを飛ばし、何かあれば親身になってくれた

 

テニスが好きで、カラオケが好きで、

よくご一緒したものだった

 

特にカラオケは自己満足型で

いつもご自分に酔いしれていましたね

 

退職のお祝い会には大勢の方々が集まり

すごい盛り上がりでしたね

 

あれから1年、たった1年で

旅立ってしまった先輩

 

先輩、天国でもカラオケ歌ってますか

お得意の、尾崎豊『ILoveYou』と沢田知可子『会いたい』

 

いつかまた逢う日まで、

カラオケは、ちゃんと練習しておいてくださいよ

 

すみれ

 

2011.06.07 *********

 

なぜか今日もTVネタ。

 

二人暮らしの母と息子の朝のシーン。

 

息子が仕事を辞める決断をして、意を決して母に告げる

「俺、会社辞めるかもしれない・・・」

 

母は「そう」と軽く

 

「そう、って・・・汗」

 

拍子抜けして戸惑う息子に母は笑顔で

 

「いいわよ!前みたいにどん底じゃなきゃ!」

 

どうやらこの息子は以前も会社を辞めていて

その時はどん底の状態だったらしい

 

たったこれだけのシーンで私は

何か、殴られたような気がした

 

順調に会社勤めをしている息子から突然会社を辞めると聞いたら

私なら驚き、

何をバカなこと考えているの!と思い

まぁ、ちょっとお座りなさいな、とか言いながら、

話し合いに持っていくとか・・・リアルに想像してしまう。

 

・・・TVドラマと言ってしまえばそれまでだが

この母親は驚くどころか、

彼の顔を見て、今の状態を見てとったのか

自分の息子を、そのすべてを信じたのだろう

 

この母は、息子の幸せだけを祈っている

息子が幸せならば仕事がどうであれ関係ない

 

すごい! 母の愛はこれだな

 

 

「幸せは自分の心が決める」

相田みつをさんのことば。

 

幸せの形はいろいろ、いや、形なんてない

ただわが子の幸せだけを祈る

そんな母に私もなりたい・・・。

 

すみれ

 

2011.06.06 **********

 

Q「どうしたらかっこ良くなれますかぁ?」 

 

A「仕事を淡々とこなすことです」

 

 本日のスマスマでのひとこまです。

Qは、最近話題の天才子役、鈴木 福くん

Aは、香取慎吾さん 

 

この、「淡々と」っていいですね

いつでも仕事に情熱を傾けることができたら理想的だけど

時には淡々といきたいものです

 

ちょっと違うけれど失意泰然、得意淡然を思いだしました

私の好きな言葉です 

 

失意の時でも(だからこそ)ゆったりと 

得意な時でも(こそ)淡々とというような意味ですよね

 

 さぁ、サラリーマンのみなさん!

明日も○○と仕事をこなしましょうね

・・・○○にはどんな言葉がはいるかしら・・・笑 

 

すみれ