2011年4月に仙台でワークショップを開催

ワークショップ終了後に感想を寄せていただきました!

 

第19回ワークショップ

開催日 2011年4月24日

テーマ 東北への祈りのワーク ~地球の叫び、人間の体験、震災の意味~

 

参加してくださったみなさん、ありがとうございました

アンケート形式で感想を寄せていただきましたのでご本人了解のもと掲載しますのでご覧ください。

みなさん、いろいろな事を感じ、気づきを得られたようです。

1)4月24日のワークに参加して、気づいたこと、役にたった何か

 

・震災後、何となくやり過ごしてしまっていましたが、自分自身を見つめていいんだ・立ち止まって考えていいんだと思えたことが一番の収穫でした。

・他の方たちも沢山悩んだり怒ったり悲しんだりしてるんだって知ることができたのにも、何だかホッとしました。

 

**********

 ・一つ一つに目をむけ、全てのものを大事に感じとって生活していきたい。

それは今を生きることであり、自分の存在を大事にしていくことにも繋がると思いました。

  地震のワークで「これでもわからないのかぁ!本当に大事なものは何かに気付け」という、強い怒りのような声が聞こえてくるようでした。

 私はどんなに揺らされても倒れず折れない竹のような強さ、しなっても戻る柔軟性、

大切な本質を見失なわず、真っ直ぐに立っている人間になりなさい、というメッセージをいただきました。

 

**********

・自分自身が地震になってみるワークはとても良かったと感じました。

(・・と、ここまで書いたら今地震があったのでちょっと焦りました)

実際の地震はやはりもうこりごりですが、地震を感じている自分以外の視点になって世界を見ると視野が違うというのはとても面白かったです。

自分自身に他の視点が持てる可能性があるということを知ることと、体験できたのはとても役に立ったと思います。

 

**********

・ある役割(地震そのもの、東電の社長)を、実際にやってみる、体で感じてみる、そのことが頭で考えることよりも、身に染みる、腑に落ちる、ということを感じ、その大切さを知った。

  また、笑うことは、他人と共有できる簡単な方法の一つだと感じた。

 

**********

・皆さんの様々な体験や気持ち、考えていることを聞けて、ためになりました。また「甘えられるか」では甘えるほうでしたが、その後甘えられない自分も発見

し、甘えられない自分はどこからか(甘えるな我慢しろ)と命令されているような自

分も発見して、その声はどこからくるのか考えたりして、新たに瞑想しています。

 

**********

・地震のワークで,体を折り曲げて揺さぶられた時,ずっと胸(みぞおちのあた

り)にあった悲しみを認めることができたことですっきりしました。

 津波のワークは,甘えのワークになりましたね,このテーマは,言ってみれ

ば,本ワークの人気メニューだと思います(笑)参加者が嬉々として参加しているのが面白かったです,私も楽しく参加したけれど,妙に冷めている部分もありました。

 原子力のワークは,私にとって過激でした,その後にたけさんからきいた「個人が国家になる必要」を時々考えています,「田中正造の生涯」を買いました未読です,日々,ロールを使って仕事をしていますが,おかげさまで以前より自己一致していない辛さのようなものが無くなりました。

 

**********

・被災後は 本音で話すことがなかなかできないでいましたが 久しぶりに本音で話せてよかったです 被災後1ヶ月は 自分の感情をブロックして感じないようにしていたような気がしますが 普通の感覚に戻り始める きっかけになりました

 

 

**********

・視点を移動させてみると、いつもと違った世界が

 見えるということを体験的に理解できたこと。

 

**********




2)もし、7月のワークに参加されるとしたら、あなたにとって何ができる場でしたら、参加する意味があるでしょうか?

・気付いたことから→その先へ踏み出せる何かを得たい。

「前向きに」とか「変わるとき」とかわかっていてもどうしたらいいのか実際よくわからないでモヤモヤしています。


**********

①いま話題となっている社会問題を、自分の身近な問題に置き換えて考えていきたいです。

②自分の身近な問題に取り組んでいけたら有難いです。

③自分では気づかない知らない部分を、他人からフィードバックしてもらい、成長に役立てたい。

 

**********

・引き続き 震災ケアを兼ねて・・と、この震災での変化(自分自身と世界)を感じる場であればいいなぁ と 思いました。

 

**********

・なんでも体験してみたいです。

一つ思いついたのが、”エッジの向こう側も自分である”、”世界の見方は自分が考えている”ということを感じてみたいです。

 

**********

深く考えず参加したいです。

 

**********

・ロールを自由にスイッチすること(つまり乗りこなすことでしょうか)を習得したいです,津波のワークが可能なら味わってみたいです。

 

********

・多くのみなさんと関心を共有できる

 テーマに取り組めたらいいなと思っています。
 具体的にはぱっと思いつかないのですが・・・。

 

********

 

3)疑問、質問等ありましたら聞かせてください。どんな小さな声でも歓迎します。

・人との温度差や、感覚・考え方の違いを認めれなくなっています。どうしたらいいのでしょうか。

 

**********

・自分にとって嫌な存在な人は排除しても、また同じような人が出てくる、ような

話があったと思うのですが、まさに自分にとってもそうで、嫌なタイプの人が人を

変えて付きまといます。これはどうしたらよいのでしょうか(笑)


**********

・仕事でストレスを溜めないためには,上司(大勢)に逆らわないことだと思って

いますが,逆らってもストレスにならない方法は無いでしょうかね

 

 

 

4)何でもお書きになりたいことを聞かせてください。

・ワークは一部だけの参加でしたが、とっても気分転換できて参加して良かったな~と思っています。のりこさんともお会いできたし・ありがとうございました

 

**********

 ・震災後のケアでワークを受けることが出来たことはとても良かったと思いました。

以前、初めて参加したときは分からなかったこともあり ちょっとキツいかな・・と思っていましたが、今回は共通の体験としての「震災」がテーマでしたので、とても分かりやすく参加できました。

 

**********

・今は離婚した旦那とのつきあいかたに頭を悩ませていて(笑)やさしくしてしまう

自分に、境界線をひけない自分に嫌気がさします(笑)

 

**********

・今,他人に嫌われたい,自分が好きな少数の人とだけ心が通じていればそれでいいという気持ちがあります

 

********

・いつもかけがえのない場を提供してくださり

 ありがとうございます。